勉強道具

音楽専門学校に通えばプロへの階段を登れる

知っておきたい必要な費用

バレエ

最初に確かめることが大事

東京のバレエ教室に入会する場合に必要な費用は、教室の運営体制によっても違います。一般的な個人教室などの場合は、入会金、月謝、施設利用費、発表会を行うなら発表会費などが必要です。入会金は、バレエ教室によって必要な場合とそうでない場合があります。月謝は、一般的に、1月の中で回数を多く通うほど、1回あたりのレッスン料が割安になる東京のバレエ教室が多いです。施設利用費は、暖房や冷房代などで、数か月分まとめて支払う場合や1月毎に必要な場合があります。発表会費は、どんな会場でどんな規模で行うかによって、かなり費用は異なってきます。立派なホールを借りて教室主催で幕物の舞台などを行う場合は、費用が高額になりがちです。カルチャー教室などで、複数の教室が合同で行うおさらい会のような形式の場合は、リーズナブルな料金になることが多いです。発表会費は出演費の他に衣装代やタイツ代、シューズやトウシューズ代などが別途かかります。東京のバレエ教室に入会するにあたっては、一番費用のかかるのが発表会費ですので、入会する前にどれくらいの費用がかかるのかをよく確かめておく必要があります。レッスンを始めるにあたっては、バレエシューズ代やレオタード代、タイツ代などがかかります。レオタードは、教室によって指定されている場合があります。トウシューズを履く年齢になれば、トウシューズ代がかかります。そして、東京のカルチャー教室などでは、月謝を3か月分まとめて支払うシステムのところもすくなくありません。事前に確認しておきましょう。