男性

音楽専門学校に通えばプロへの階段を登れる

楽器代などもかかる

男性

通学費も考えよう

ピアニストや作曲家など、音楽関係の道に進みたい人は音楽専門学校に通いましょう。東京にはいろいろな音楽専門学校があります。ピアニストと作曲家では学ぶカリキュラムが違うので、選択肢を間違えないようにすることも大切です。まず、東京の音楽専門学校情報を収集し、どの学校にどんなコースがあるのか調べてみることが大切です。また、コースによってかかる費用も異なります。例えば、ピアニストのように楽器を演奏するコースともなると、楽器も購入しなくてはなりません。学校では学校の楽器を使えますが、家でも練習することが必須となっているからです。特に、一人一台必要なバイオリンなどは、自分用を持っていた方がいつでも練習できます。また、自分用を購入するように学校側に言われることもあります。つまり、楽器演奏者は入学金や授業料の他に、楽器代も含めて何百万円もかかると思っておきましょう。もちろん、楽器といっても種類によっては金額は異なります。一方、音楽を作る人になりたいという人も最近は増えてきています。作詞や作曲なら、楽器がなくてもできる人はできるものです。その点、アレンジャーとなるとそうはいきません。東京の音楽専門学校の中にはアレンジャーの道に進める学校もあります。最近はいろいろなアレンジャー機器を用いて編曲をするので、この機器を購入する費用もかかるのです。いろいろな機器を持っていればいるほど、アレンジもしやすくなります。東京の音楽専門学校に通う人は、この点も踏まえて検討しましょう。

ウーマン

ピアノを学ぶ教室

ピアノ教室では個人レッスンとグループレッスンが行われており、それぞれレッスンの特徴が異なるため、自分に合ったレッスンを選ぶことが大切です。グループレッスンではピアノの練習よりも、音感やリズム感を養うことを重視しており、個人レッスンではピアノの上達を目的とした内容になっています。

絵コンテ

好きな事を学ぶ

アニメの専門学校を選ぶときには、ゲームやイラストなど色々な授業を行っている学校よりも、アニメの授業を専門とする学校が好ましいです。専門学校によってアニメ業界への就職率は異なるため、業界への就職率が高い専門学校に通いましょう。

バレエ

知っておきたい必要な費用

東京のバレエ教室でバレエを始める場合、入会金、月謝、施設利用費、発表会などの費用がかかります。かかる費用は、教室の運営の仕方や発表会の行い方などによって大きく異なります。レッスンするために必要なのは、レオタード代、バレエシューズ代、タイツ代などです。